残業とは……

残業の定義をお答えください。

いきなりそんなことを言われても、咄嗟に言葉が出てこない人って、案外多いんだそうです。
なぜなら今や、残業は残業にあらず。サービス残業なりと、本気で企業がそう思っている時代。企業で働く社員も、その考えに染まりきってしまって、何が残業なのか、何が残業でないのかの見分けがつかなくなってしまっているのです。

残業の定義とは、一日八時間、一週間で四十時間と、労働基準法で定められた法定労働時間以上の労働を企業から求められ、それに応じて働くことを言います。
例えば朝九時から業務が開始すれば、八時間後は夕方十七時。これも労働基準法で一定時間以上働く環境では休憩を一時間以上取ることが決められているため、朝九時業務開始なら夕方十八時までが、正しい労働時間なのです。
これ以上遅くまで残ってやる仕事は、すべて残業です。

あれ? と思いませんでしたか?
その定義で言うなら自分は残業をしている。なのに、残業をした分の給料をもらっていないような気がする、と。
今、そんな未払い残業代について、気づいていない人、あるいは未払い残業代があることに気づいていても知らんぷりせざるを得ない人が、世の中には溢れかえっています。

なぜ、未払い残業代なんてものが存在するのか。それは企業が、サービス残業を強いているからです。

もし、あなたがまだ受け取っていない、未払い残業代があるとすれば、それを会社に請求しましょう。その権利があなたにはあります。
まずは未払い残業代の制約に詳しい弁護士に相談しましょう。弁護士の相談を受けず、独力で企業に立ち向かって行っても、誤魔化されるのがオチです。

まずは弁護士に相談。然る後に、弁護士に味方についてもらって、企業との交渉に入る。
これが正しい未払い残業代の請求方法なのです。とにもかくにも、まずは弁護士との相談を第一に考えてください。

外部おすすめサイト

東京で信頼できる法律相談事務所がこちらです|おおぞら法律事務所

不当解雇によるお悩みは気軽にこちらの弁護士へ!|森法律事務所
未払い残業代請求をしてもらうならこちらの弁護士にお任せ!:残業代請求ナビ

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし